キャリー・フィッシャーとデビー・レイノルズのこと

去年末に、レイア姫でおなじみのキャリー・フィッシャーが亡くなりましたね・・・若すぎる死に驚きましたが、更に驚いたのは、翌日にお母さんのデビー・レイノルズも亡くなってしまったこと!

デビー・レイノルズといえば、やっぱり

トシいってからの「That's Entertainment!」「That's Entertainment! Ⅲ」ではナビゲーターで出てて、私はこのシリーズが大好きです。


で、娘のキャリー・フィッシャーは、レイア姫以外だと「ブルース・ブラザース」で、ジョン・ベルーシの彼女役が有名・・・不気味なダメダメ女が妙にはまってました。


この人は、SWシリーズやブルース・ブラザースあたりから、お酒やドラッグに溺れて、当時かなり荒れた生活をしていたと本人が告白しています。

(ちなみに亡くなるちょっと前に、SWの撮影中ハリソン・フォードと付き合ってたと暴露?してましたが、ブルース・ブラザース撮影中はダン・エイクロイドと付き合ってたらしい・・・だからそういうヒトなんだと思いますヾ(・ε・。)


で、彼女は女優だけでなく、脚本も書くようになり、1990年には「ハリウッドにくちづけ」という映画になりました。

この作品は、自伝的な要素がかなり強いと当時から言われていて、人気歌手の母とダメ娘の物語を、なんとシャーリー・マクレーンとメリル・ストリープが演じています。当時でも今でも超豪華キャストですね!

原題は「崖っぷちからのハガキ」という意味・・・意味深・・・

更に、この映画の撮影エピソードは、母親役のシャーリー・マクレーンが自身の著作で克明に描いています。



映画は、有名人の子どもに生まれたことで、自分の人生を生きられないと自暴自棄になる娘と、パフォーマーと母親という立場を両立させようともがく母の物語。

そして、本は、そんな母を演じるシャーリー・マクレーン自身の、母や娘との確執から和解の物語。

すべてが何らかの形で繋がって、捻じれたり入れ子になっているような不思議な関係・・・

どの作品もみんな好きなので、2人立て続けに逝ってしまったことは本当にショックでした。

これらの映画や本に初めて接したのはずいぶん昔のことで、当時の自分の記憶も戻ってきたりして。どんな時も、映画と本はいつもそばにいてくれたなあ、と。


レイア姫は、今年12月にエピソード8が公開されて、それが遺作だそうです。

その前に「ローグ・ワン」観ないと!









ゆとりらYOGA

兵庫県西宮市の自宅スペース他、あちこちでYOGAをしています。 お問合せは、下のメールフォームか、 yutorelayoga☆gmail.com (☆を@に変えて下さい) までどうぞ。

0コメント

  • 1000 / 1000