比叡山 インド哲学リトリートに行ってきました


先週の3連休は、日本ヴェーダーンタ協会のリトリートで比叡山 延暦寺~奥琵琶湖に行ってきました!


去年、永平寺のリトリートに初めて参加して、たくさんの気づきを頂いたのですが、1年経つと、日々の生活に飲み込まれて、気づきがなかったようにすってんてんで(´Д`)・・・なので、また振出しに戻るような気持ちで2度目の参加。

定例の勉強会でおなじみの先輩も、1年ぶりに会う方も!

身体も頭も心も沢山使った旅になりました(´∀`艸)

延暦寺は初めて!

僧侶の方やボランティアガイドさんのお話を伺いながら・・・

只今根本中堂工事中!約10年の計画だそうです。

受験生の息子に進学成就のお守りを買いました。

この緑はもみじ。秋はさぞかし・・・(*゚∀゚*)!

そして、バスに揺られて琵琶湖畔へ!
いつも私達を優しく厳しく導いて下さるマハーラージの講話を2泊3日で聴ける大事な機会!

琵琶湖からの景色


今回のリトリートのテーマは

~より高い生き方への「気づき」と「実践」~

バガヴァッド・ギーター 第6章より

第5節

人は自分の心で自分を向上させ、決して下落させてはいけない。何故なら心は自分にとっての親友であり、かつまた同時に仇敵でもあるからだ。

第6節

自我心を克服した人にとって、心は最良の友であるが、それを克服できない人にとっては、心こそ最大の敵となる。

自分をコントロールすることの大切さ

すべては自分の中にあると知ることの大切さ

を繰り返し説いて下さいます。

朝は4時過ぎに起きて、日の出を感じながら湖畔で1時間の瞑想・・・


その後は湖畔YOGA!
お天気も薄曇りでちょうどいい感じ( ´∀`)

今年もU先生の素敵なリードで、ゆ~っくりとブリージング&アイソメトリックアサナ。

瞑想後は、超スローな動きでも身体にしっかりじんわり、波動のように響きます。

U先生、有難うございました!

講話、アラティ(マントラや賛歌を皆で歌う)、聖典の輪読、サットサンガ(皆で自由に話し合う、分かち合う)・・・とにかく盛りだくさん!

だけど、食事中は「沈黙の行」なので、お喋りはしないし、スケジュールの区切りで必ずマントラを唱えるので、慌しいけど、心がざわめくことはありません。

どんどん、どんどん、深い所に潜っていく感じ。

2日目の午後には皆でぶらぶら、お散歩にも出ました。

↑これ、わかりますでしょうか?木のてっぺんに不安定な感じで鳥が止まってゆらゆらしてました。かわいかった!

大きな木陰でマハーラージーを囲んでのティータイムはとても豊かな時間でした。

サフラン色のマハーラージー


後半の講義のエッセンスの1つ


過去も未来もコントロールできない

コントロールできるのは、今、この瞬間だけ

だからこの瞬間を誠実に真摯に生きようと思います!


今年も沢山の学びと気づきを頂きました。

朝から晩まで、志を分かち合える人達との生活は至福でした!

・・・日中眠くなる時もあったケド(+o+)

マハーラージーに感謝。皆さんに感謝。

そして快く送り出してくれて、戻ったら「おかえりー!」と迎えてくれた家族にも大感謝!


すべてにOM ॐ ॐ ॐ


ゆとりらYOGA

兵庫県西宮市の自宅スペース他、あちこちでYOGAをしています。 お問合せは、下のメールフォームか、 yutorelayoga☆gmail.com (☆を@に変えて下さい) までどうぞ。

0コメント

  • 1000 / 1000