かみさまを想い慕うということ

やはり1月は神社に行くことが多いです。

元旦には廣田神社に初詣・・・おみくじひいたらばっちり「大凶」が出ました!

まあ、今年もオンリーワンな1年になるのかな、なんて(≖ ‿ ≖)

10日には西宮神社の本えびすに行きまして、主人と散歩がてら、笹持って徒歩で行ったんですが、すごく寒い日で帰りはみぞれ交じりの雨に降られてちょっと大変でした・・・

でも、そんなお天気のせいか、えべっさんはそれほど混んでいなくて、人ごみ苦手な自分にはとても有難かった。

雨宿りに入ったお店で甘酒とゆで卵頂いてほっこり出来たし。

※甘酒はともかく、なんで「ゆでたまご」なん?と思って(周りの皆さん当たり前みたいにこのセットなので不思議に思って)帰ってから検索したら

甘酒は糀=こうじ=幸事

ゆでたまごは、1年丸く過ごせる、という意味だそうで。

大凶少しは払拭できるかな?命さえあればOKな気持ちで頑張ります(`▽´*)

15日は、北の戎、越木岩神社にお正月のお飾りを持って行ってお焚き上げして頂く「どんと焼き」に。

夜に行ったので、燃えさかる火が美しかったです!

神社だけどagniを感じました。

そしてつい先日は、京都の北野天満宮に行ってきました。息子の高校受験が近いので。

私はこういった願掛けにはとんと疎いのですが、主人が、出来ることはやっておこう、と誘ってくれたので。

京都久しぶりで、路面電車乗るの初めて。

平日だったからか空いていました。

神社には、おおらかで静謐な氣が満ちていて、来て良かったと思いました。


私は、特定の宗教は信仰していないけれど、信仰心は強く持っていまして、

「自分の目の前にある仕事に誠心誠意取り組んで、結果は神様に託すべき」という教えを、深く胸に刻んでいます。

実行できているかどうかといえば、まったくできてない気がするのですけれど;´・ω-)

でも、こうありたい、といつも思っています。


で、この教えを折にふれて思い出すようにすると、物事の見方、受け止め方がとてもシンプルになり、将来への不安やモヤモヤが晴れる瞬間が現われます。本当に!

今、自分がやらなければ仕事とは、自分の身体を動かし、自分の心を砕くことであって、自分の焦りや怒りで、人を動かそうとすることではないのだ、と気づきます。

人を動かそうとして、動かぬ人にイライラするくらいなら、自分が動いた方がずっと健全です。周りにも迷惑がかからないし。

考え方を変えることは、ある意味、それまでの自分をひっくり返すような行為でもあるので、ハードルが高いように感じるんですが(このパターンの「逆ひっくり返し」が新興宗教への傾倒なのではないかと思いますが、それはまた別の話)。

自分を取り巻く今の状況に不満を持っている人は、じわじわと、「不満の対象」から「そんな不満を感じる自分の感情」に心の視線を移していくと、大きな変化があるかも知れません。

神社仏閣に行って手を合わせる、とか

短い時間でも目をつぶって瞑想してみる、とか

ほんのいっときでも、意識的に静寂の時を持つことは、心の曇りというか、水面に浮かぶ藻のような覆いを、一瞬にして晴らしてくれます。

高い買い物をしなくても

美味しいものを食べなくても

肉体と感覚を超えたところで満足できる自分に気づけたら!

世俗に生きていると誘惑がいっぱいだけど、神さまに手を合わせる瞬間は、全力で神のことを想い慕いたいと思います。

そして大凶を吹き飛ばしたい( ✧Д✧)

ゆとりらYOGA

兵庫県西宮市の自宅スペース他、あちこちでYOGAをしています。 お問合せは、下のメールフォームか、 yutorelayoga☆gmail.com (☆を@に変えて下さい) までどうぞ。

0コメント

  • 1000 / 1000